【インタビュー】No.07・刀剣乱”燭台切光忠”コスの「青影」さんを独占インタビュー!(再掲載)

Pocket

 Interview|青影

コスプレイヤー「青影」さん独占インタビュー!

コスらぼID-944982114 twitter-@aokage_cos コスらぼっ!web

コスプレ写真をたくさん見たい方は「コスらぼっ!」アプリをダウンロード!

  

 Q1:コスプレを始めよう!と思ったきっかけは?

物心ついたころからアニメ・漫画が好きで、イラストを描いていることが多くありましたが、 コスプレに興味はあっても、始め方も分からないためコスプレは「見るだけ」に留めていました。

5年前に、会社の後輩達とディズニー・ハロウィーンへ遊びに行くことになり、せっかくなら「自分達 に合うキャラクターをやってみよう!」ということで、
私は「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」 のジャックを仮装することに。

変身願望がもともとあったので、これを機に興味があった「コスプレも本格的にやってみたい!」となり、 まずはコミックマーケットにコスプレイヤーさんを「見に行く」ところから活動が始まりました。

初めてコスプレに挑戦したのは戦国BASARAの石田三成です。
コスプレをした会場もコミケだったのですが、着替えに入った更衣室がとても衝撃的でした。
今まで「完成系」しか見ていなかったコスプレの「過程」を目の当たりにし、 コスプレに関する疑問の 答えが”すべて”この場所に詰まっていると感じました。

男装特有の「メイク技術」や「テーピング技術」など、更衣室のレイヤーさんを見てコスプレの勉強を した思い出があります。

 Q2:ウィッグはどこのメーカーさんをよく利用しますか?

アシストさん・エアリーさん・クラッセ(CLASSE)さん・富士達さんが多いです。キャラクターの髪色に合わせて購入先を決めています。通販で頼むことが多いので、カラーサンプルを必ず見ながら注文をしています。
刀剣乱舞・燭台切光忠のウィッグは「アシスト」さんのものを使用しています。アシストさんのウィッグは、毛量がちょうどよく、ふかしもあるため動きのある加工がしやすいです。

※ふかし = 髪のボリュームを出すためにウィッグの根元に入れてある短い毛の部分

 Q3:カラコンはどこのメーカーさんをよく利用しますか?

エティアさん(Etia)さんのエティアルフレ(Etia.reflet)がお気に入りです。
カラコンの直径が小さいので、男装のコスプレをされる方におすすめです。

カラコンもキャラによって購入先を決めることが多いです。今回の光忠のカラコンは、チェルシー(Chelsea)さんの「ドルチェ・パーフェクトシリーズ ワンデー 雷鳴《ミモザ》」を使用しています。

最近は、1dayのカラコンの購入も増えました。

 Q4:小道具制作やウィッグセットのコツはありますか?

自分の身体に合うよう、よりキャラらしいシルエットが出せるように、バランスを調整しています。
身長が180cmあるため、衣装の見栄えを考えてよりキャラらしく、男性らしく見えるように調節しています。

また、筋肉質の男性キャラクターをやることが多いため、インナーに綿を詰めて「肉襦袢」も作ることもあります。通気性が悪いため、野外イベントに参加するときには暑さ対策をしています。

Q5:青影さんのおすすめ美容法は?

甘酒をコップ1杯、寝る前に飲むようにしています。
肌に良いと聞いて、飲んだ次の日から効果を感じました。
その他フェイスパックをすることと、コスプレをする1週間前にチョコを食べないことも気を付けています。

また、イベント前に必ず整体に行って姿勢を矯正してもらっています。
担当の先生がアニメ・マンガ好きなことからコスプレに理解があり、次の日コスプレするキャラによって、施術してもらう箇所を変えてもらったりしています。先生がいないとコスプレ生活が成り立ちません!

Q6:青影さんおすすめのコスプレ関係の商品はありますか?

ウィッグを作る時は、アシストさんの「カチカチくん」を使っています。
重力に逆らった2次元的な髪形を、3次元で簡単に再現することができます。

また、アシストさんのオリジナル「リフトアップテープ(コスプレ用テーピング)」も愛用しています。
透明で目立たないので、もみあげ部分によく使っています。
テーピングをはがすときも、アシストさんの「はがすの助け隊AS」というテーピングをはがしやすくするリムーバーを必ず使用しています。肌が弱い方にオススメです。

Q7:ここは譲れない!というコスプレのこだわりポイントは?

コスプレをするときに気を付けていることは、2つあります。

ひとつめは、コスプレをした際に、絶対テーピングが見えないようにすること。
レイヤーさんだけの撮影時は気にしませんが、一般の方の目に入るようなイベントではそれが見えないよう、貼る場所を工夫したり、テープ以外の吊り上げ方に変えたりしています。

ふたつめは、前日どんなに眠くても衣装にアイロンをかけることです。
衣装のシワは写真の仕上がりに大きく出ますし、例えば光忠のような家庭的な部分があるキャラクターは、きっと衣装にシワなんて無いだろうな…とか、キャラクターの個性を尊重し、3次元に落とし込んだ時のイメージを持ちながらコスプレに臨んでいます。

Q8:一番思い入れがあるコスプレは?

るろうに剣心の「四乃森蒼紫」です。昔から大好きな作品で、ずっとコスプレしてみたいと思っていました。
コスプレするにあたり2次元特有のシルエットを再現したいと思い、布を2枚重ね内側で吊ることでウエストのたわみを出すなど、シンプルに見えて凄く地味に工夫したので、撮影した写真を見た時の感動は 忘れられません。

コスプレをしたことによって、よりキャラクターを知りたい!表現したい!という欲が強まりました。

 Q9:最近熱いキャラクターやアニメは?

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの「ガエリオ」に最近はまっています。
オススメされてアニメを見たのがきっかけなのですが、筋肉質なキャラクターに惚れやすいのかもしれません。コスプレも6月に挑戦しました。

もうひとつ最近はまっているのが、「ワンダーウーマン」というアメコミのキャラクターです。
ワンダーウーマンは、アメリカの架空のスーパーヒロインなのですが「バットマンvsスーパーマン」という映画での登場シーンが最高に痺れました。8月に彼女が主人公の映画が公開されるのですが、楽しみで仕方がないです。ワンダーウーマンのコスプレも挑戦してみたいです。

刀剣乱舞のキャラクターは今回コスプレをした、燭台切光忠と太郎太刀が好きです。
光忠は、シルエットが特に大好きです。コスプレ自体は去年の冬に初めて、今回で4回目となります。
太郎太刀は、人柄に惚れました。旦那さんにしたいくらいです(笑)
敬語で物静かなキャラが好きで、コスプレをしていくうちに深みにはまっていっています。

 Q10:これから気になるスタジオやイベントは?

外でのロケーション撮影(紫陽花・彼岸花・雪ロケなど)をしていきたいです。
以前、桜が満開の時期に刀剣乱舞の「大太刀(石切丸・蛍丸・次郎太刀・太郎太刀)」あわせをしたのですが、
身長が高いメンバーが集まったため、ロケーションに加え、桜の木・大太刀組・蛍丸の対比がキャラクター達そのもので感動しました。

友人が作ったスタジオさんがオープンするので、モデルをさせて頂いたのですが、創り込みをした撮影にも今後挑戦していきたいです。

 Q11:コスプレの面白エピソードなどはありますか?

誕生日プレゼントに、ガラスの仮面フェイスパックシリーズの、「月影先生」verを、3人から同じタイミングで頂いたことです。
自分のイメージが全員同じだったのが面白かったです(笑)

もうひとつは、コミケに行った際に、男装では珍しく男性カメラマンさんに沢山撮影していただいて。カメラマンさんが「カッケェ…」とつぶやきながら撮影していたのが面白く、「ありがとうございます(女声)」とお礼を言ったら、男性レイヤーだと思われていたそうで皆さんびっくりしていました(笑)

Q12:青影さんにとってコスプレとは!?

身長が180cmあり、高いことがコンプレックスだった私が、ようやく見つけた「場所」です。
ずっと挑戦してみたかったコスプレが、こんなにも楽しいものだとは思いませんでした。

そして、難易度の高いキャラクターほど挑戦をしてみたくなります。
以前、お世話になっているカメラマンさんに「青影さんってルパン似合いそうだよね?」という、一声から実現をした撮影もありました。ルパン特有のあのシルエットを表現したくて、カメラマンさんやメンバーに細かくポーズの指示をもらいながら撮影したおかげで、大変満足いく撮影が出来て良い思い出です。

今でもメンバーと「あの時の撮影楽しかったね」と思い出を語ることがあります。
また、コスプレをするキャラクターは、興味に惹かれて挑戦することも多いです。
このキャラクターを三次元で再現するにはどうすればいいんだろうと、メイクや見せ方を研究します。

▼青影さんがこれまでに挑戦してきたキャラクター

▼青影さんのメイク工程

Q13:今後の活動を教えてください!

ワンダーウーマンのコスプレや、刀剣乱舞の大太刀あわせ、ディズニーのハロウィーンにも仮装の参加をしていきたいです。夏コミは今年も行く予定です。実は「エジプトの神」あわせを予定しています!(笑)
興味に惹かれながら、今後も様々なコスプレに挑戦をしていきたいです。

青影さんの作品をコスらぼっ!アプリ、webで配信中!

コスプレ写真をもっと見たい方は今すぐ「コスらぼっ!」アプリをダウンロード!

  

afterword|取材後記

コス研インタビューを終えて

以上、青影さんのインタビュー内容をお届けしました。
取材にあたり、青影さん、STUDIO ALCY2様ご協力ありがとうございました。
第7弾のインタビューとしてご紹介しました「青影」さんは、等身がキャラクターそのもので、撮影中に男性と見間違えるほど、かっこよすぎる男装コスプレイヤーさんでした。

キャラクターをコスプレで表現するということは、こと細かなこだわりに加え、見えない努力がよりキャラクターに近づいて表現できるのだと実感しました。
青影さんのハイクオリティな男装コスプレは、キャラクターに近づけるということに集中し、並々ならぬ努力が陰で行われていることをお伝えできますと嬉しいです。研究員も取材をしながら「凄い」の一言でした。

突然ですが刀剣男子好きの皆様にニュースです!
「コスらぼっ!in深大寺」コスプレイベントも8月26日(土)に開催されますよ!(直球)
東京とは思えない、自然豊かなロケーションが和風のコスプレにピッタリです…♪

今回の内容も、皆様のコスプレ活動にお役に立てれば幸いです!

今回は、なかなか覗くことのできない男装コスプレイヤーさんの真髄に触れる機会を頂けました。
みなさまのコスプレ活動のお役に立てれば幸いです。(研究員Y)

studio|撮影スタジオ紹介

STUDIO ALCY2

今回撮影でお借りしたのは、西川口駅から徒歩5分の「STUDIO ALCY2」さん。
スタジオが地下にあることから、天井が高いエリアが多いのが印象的。大型の合わせ、ライティング、動きを付けた撮影にぴったりのスタジオさんです。

STUDIO ALCY2さんは、高さ4メートル×幅7m超の特大白ホリ・ステージ・グレーエリア・ダークエリア・直管灯エリア・和風エリア・廃墟エリアなど、コスプレイヤーの創作意欲を刺激するシチュエーションばかり。
コスプレ撮影に欠かせない小道具や、機材、スモークマシーン(有料)も揃っています。

本格撮影を求めるコスプレイヤーさん・カメラマンさんにもオススメするスタジオさんです。

【STUDIO ALCY2】
ホームページ:
https://studio-alcy2.jimdo.com/
住所:
埼玉県川口市並木3-6-19 並木クイーンコーポ 地下1階
TEL:
070-4137-8562
営業時間:
土日(9:00-20:00)、
平日(10:00-20:00)
土日シェア料金:
1部(9:00-15:30)¥3,300
2部(15:30-20:00)¥2,700
1デイ(9:00-20:00)¥4,700
※2017年8月15日以降料金が変更されます

 

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider