【インタビュー】No.04・Splatoon”ホタル”コスの「色」さんを独占インタビュー!(再掲載)

Pocket

 Interview|色

コスプレイヤー「」さん独占インタビュー!

コスらぼID-364639517 twitter-@U_waltz  コスらぼっ!web

コスプレ写真をたくさん見たい方は「コスらぼっ!」アプリをダウンロード!

  

 Q1:コスプレを始めよう!と思ったきっかけは?

まず任天堂さんで発売されているWii U専用ソフトSplatoonをプレイし始めたのがこのゲームに出会った始まりです。

あまりにも楽しいゲームで、2徹してプレイしてしまいました(笑)こんなにものめり込めるゲームに出会ったのは初めてで、ゲーム内に出てきた「シオカラーズ」というアイドルユニットのひとり『ホタル』ちゃんが気になる存在に。
プレイをしているうちに徐々にホタルちゃん魅力に気づき、ホタルちゃんを自分でも表現したい!という感情が芽生えました。

そこで、わたくしはイラストが思っているように描けないので『自分がモデルになり創りあげてみよう!』という結論に至り、コスプレという形になりました。 コミックマーケット(C88)からホタルちゃんのコスプレが始まり、徐々にスタジオさんで撮影するようになりました。

スタジオさんでの撮影も、最初はスタジオ専属のカメラマンさんに撮影したいイメージや、ラフ画を見て頂きながら詳しく話し、手探りの状態から始まりました。

 Q2:色さんのスプラトゥーンのウデマエや愛用ブキは?

ウデマエはS+です。 普段一緒にプレイしていただいている皆さんに、アドバイスをもらいながら楽しんでいます。

ブキは「ノヴァブラスターネオ」を愛用しています。始めたばかりの頃は『わかばシューター』を持ち、すぐに『ホットブラスター(無印)』を使用するようになりました。

6月に『ノヴァブラスター』が登場し、その後、現在愛用している「ノヴァブラスターネオ」に移行しました。 発売当初から、根っからのブラスター好きです♪ギアはあまり変えることがないのですが、マーキングガードと、安全靴が離せません!

 Q3:ウィッグはどこのメーカーさんをよく利用しますか?

エアリーさんのものを愛用しています。
マッド系の髪質を好み、銀色のものを使用することによって白ホリ等での撮影でウィッグが白飛びしないので、編集面でも大変助かっています。

また、撮影後はしっかりとシャンプーとトリートメントをし、お手入れをしています。ウィッグセットは、アシストウィッグさんの「カチカチくん」というハードジェルを使用して整えています。初心者さんでもしっかりカッチリとセットが出来るので大変お勧めです。

 Q4:カラコンはどこのメーカーさんをよく利用しますか?

エティアさんの「ハニーゴールド」を愛用しています。 ふちが茶色なので柔らかく見えるのと、発色が大変良くて重宝しています♪ 照明が暗いイベント会場などでも、くすみのない発色に大変助かっています。

Q5:(小道具)制作やウィッグセットのコツはありますか?

私が特にこだわっている部分は「身体のライン(シルエット)」です。
女性の美しさが出る曲線美をしっかりと出せるよう、衣装自体にボーンが入っており、インナーにコルセットを絞めることによって更にくびれが強調するようにしています。

また、衣装に関する秘密なのですが着用している衣装の生地は「2WAY生地(タテヨコ方向に伸びる生地)」です。 この生地は、フィギュアスケートやバレエの衣装に使われており、大変伸縮性があるので、私の衣装にはファスナーがありません…!

Q6:色さんおすすめの美容法は?

何よりもストレスを溜めないということです。わたくしの場合は我慢がストレスにつながるので、食べたいときは野菜などで代用してしっかり食べるようにしています。 あとは大きいイベント前には必ずフェイシャルやボディトリートメント等エステへ足を運んだりもしています♪

Q7:色さんおすすめのコスプレ関係の商品はありますか?

お勧めしたいものはインソールです。現在5cmほどブーツにインソールを入れていて、写真を撮影した際の全体的なシルエットを大事にしています。また、メイクには発色の良いリキッドタイプのジェルアイシャドーを目元に重ねてのせています。

ホタルちゃんが3次元に存在している瞬間でしたり、彼女はトップアイドルで、ラメなどで華やかさをだした、ハリウッドのようなイカしたメイクをしていたらいいなぁ…と、イメージしながらメイクをしています。

Q8:ここは譲れない!というコスプレのこだわりポイントは?

どれだけキャラクターに自分がなれるか、そしてキャラクターに向き合えるかを大事にしています。 いかに彼女(キャラクター)を自分の中でかみ砕いて、その世界を写真で表現できるか。 そして、一枚の写真に自分にしかできない表現を詰め込み、見ていただけた方のなにか少しでも胸に来るものを創りたいと思っています。

 Q9:最近熱いキャラクターやアニメは?

Fate/stay nightに登場する「遠坂凛」ちゃんに惹かれています。 昨年にFateUBWのDVDboxを購入しまして、先日改めて見返しましたところやはり大好きだと再認識致しました。 凛ちゃんは自分に自信があり、存在が誇り高いキャラクターなのですが、人を適当に見ることがなく、 しっかりと相手を受け入れたうえで自分の意見を申したり、儚く、芯の強い美しい女性だと感じます。

 Q10:お気に入りのロケーションは?(イベントやスタジオ)

任天堂さんのブースがあるイベントには必ず参加しています。 会場でしか味わえない空気感が大好きです♪

 Q11:これから気になるスタジオやイベントは?

第2回スプラトゥーン甲子園2017です。 ますます盛り上がりを見せている公式大会の終わりに、Splatoonの次回作の発表がありますようにと胸を膨らませています♪

Q12:コスプレの面白エピソードなどはありますか?

イベント会場へ足を運ぶと、家族連れの方と一緒に写真を撮ることが多く、その中で印象に残ったお子さんがいます。 私を見つけてくださり、とても嬉しい表情をしていただけたのですが、いざ、お写真撮ろうとなると大変緊張して動けなくなってしまうお子さんがいました。

握手やハグ、写真を一緒に撮るうちに、徐々に緊張も解けてきて「本物だ!」と感動していただけました。その子のお母さんにより、交流している様子がTwitterでつぶやかれ、 そして、リツイートされて、ついに自分のもとに届いたのが、大変嬉しかったです。

その後「ホタルちゃんの手がぬるぬるしてたよ!(イカのキャラクターのため)」という感想もいただけてホッコリ。 キャラクターを通して頻繁にお子さんと交流できるのは、彼女のコスプレをしているからこその経験だと思っています。

※以下ツイッターからの引用

   

 Q13:色さんが動画を撮影したきっかけは?

ホタルちゃん表現するにあたり「踊ってみた」がやりたいことの1つでした。やりたいけどきっかけがない…で終わらせてしまうのはもったいなく、表現者としてのストレスになっていました。 それなら、ひとりでもできることを自分でもはやってみよう!と思ったのが始まりです。

 Q14:色さんにとってコスプレとは?

芸術的作品の一つで、アートだと思っています。日本の誇れる文化として、コスプレをすることに自信をもち、これからも表現者として楽しんでいきたいと思っています。

 Q15:今後の活動を教えてください!

今後もシオカラーズで踊ってみたの動画を更新していきたいと思っています。
また、3月5日(日)に行われる「スプラケット7」のサークル参加に合わせて、写真集の発行を予定しています。 こっそりアオリちゃんの写真も入れたいと思っています♪

Splatoonはほぼ毎日遊んでおりますので、気軽に色々な方と対戦したり一緒に遊んだりしながら腕前の方も精進したいです。 プレイしていらっしゃる方はゲーム内でお見掛けしましたら宜しくお願い致します♫

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

色さんの作品をコスらぼっ!アプリ、webで配信中!

コスプレ写真をもっと見たい方は今すぐ「コスらぼっ!」アプリをダウンロード!

  

afterword|取材後記

コス研インタビューを終えて

以上、色さんのインタビュー内容をお届けしました。
取材にあたり「cosset池袋本店」様、ご協力ありがとうございました。第4弾の取材としてご紹介しました「色」さんですが、 Splatoon、シオカラーズに対する愛が素敵で、キャラクターについて、とことん追求をする魅力的なコスプレイヤーさんでした!

コスらぼ研究員・Yも「Splatoon」を2次出荷の際に購入し、プレイ時間2,400時間超えてしまったプレイヤーです(笑) スプラトゥーン甲子園に出てみたかった人生でした…。当然、Splatoonトークでお互い盛り上がりながら撮影に臨みました。 キンメダイ美術館がお互い好きだとか、発売当時の興奮やら…2の発売に胸を膨らませています!

色さんこだわりのコスプレ術は、今回「特別」にお聞きできた内容ばかり…♪ ウィッグセットや衣装制作などに是非、取り入れてみてはいかがでしょうか? 貴重なお話を聞く機会を設けて下さり、ありがとうございました!

studio|撮影スタジオ紹介

HACOSTADIUM cosset 池袋本店

今回撮影でお借りしたのは「HACOSTADIUM cosset 池袋本店」さん。 大阪・東京にスタジオを持ち、池袋サンシャインシティ周辺で開催される、コスプレイベント「acosta!」も定期的に開催しています。 スタジオ内は約11種類のシチュエーションで撮影ができ、豊富な貸し出し小道具が勢ぞろい。 可愛らしいお菓子の部屋、アンティーク調の家具、アイドルステージまで、コスプレイヤーさんのために作り上げられた素敵な空間が広がります。 また、ストロボ講習会も定期的に行っているので、カメラを上達したいカメラマンさんも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

cosset池袋本店さんでは主催のオフ会も積極的に行っており、撮影サービスや、ミニゲーム大会など楽しいイベント盛りだくさん。 お1人の参加や、コスプレをしない方の参加もOKですので、ぜひ同ジャンルの交流の輪を広げに、参加してみましょう♪スタジオの利用に「stacaカード」という会員カードが必要となりますので、 ご利用前に一度、公式サイトをご確認くださいね。乙女ロードの中心にあるので、足を運びやすいのが魅力の「cosset池袋本店」さん。 ぜひイベント参加もあわせて、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

【HACOSTADIUM cossetai Route studio】
ホームページ:
http://hacostadium.com/ikebukuro/
住所:東京都豊島区東池袋3-2-1 アニメイトサンシャイン5F・6F
TEL:03-6907-3986
営業時間:10:00-20:30

平日料金:
dayチケット(10:00~20:30) ¥3,400円
ファストチケット(10:00~15:00) ¥1,900円
レイトチケット(15:30~20:30) ¥1,900円

休日料金:
1dayチケット(10:00~20:30) ¥4,400円
ファストチケット(10:00~15:00) ¥2,900円
レイトチケット(15:30~20:30) ¥2,900円

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider